ELI5:理想的な通貨、Xank

1 分読む

貨は、他のすべてのものと同様に、数千年にわたり、ひとつひとつは小さいながら着実な変革を遂げており、現在も進化を続けています。この記事では、通貨の進化についてお話しし、理想の通貨であるXankをご紹介いたします。退屈?いえ、通貨の歴史をわかりやすく説明するために、インフォグラフィックなども用意しています。準備はよろしいですか – では、始めましょう!

 

 
フェーズ1 – 物々交換

私たちの先祖が狩りや集まりによって暮らしていたとき、通貨のようなものはありませんでした。実際のところ、私有財産と市場経済は完全に異質の概念でした。当時、人々は他の人の商品やサービスと自分の商品を交換していました。例えば、私は彼らに狩猟活動をお願いするのと引き換えに、私は彼らにかごいっぱいの果物を渡す、というような取引です。個人と部族の間の「物々交換」とは、お互いに相手が求めているものを交換することであり、そのシステムは誠意と信頼から生じる協力の精神によって維持されていました。

問題:

文明が発展した結果、共同体同士が交流する際の媒体として、様々な商品・手段が生まれたため、物々交換システムが時代遅れで利用不可能なものになりました。

フェーズ2 – コモディティマネー(商品通貨)

やがて農業革命が始まり、状況は変わり始めました。都市が発展するにつれて、社会インフラも発展しました。それから、鍛冶屋、織物、肉屋のようないわゆる「専門家」が出現し始めました。これは、人々が特定の商品やサービスを生産することに集中するという専門化をもたらしました。作り出された商品は、人々の生活を支える通貨としても役立ちました。

問題:

もしあなたが扱う商品が相手にとって望ましいものでない場合、需要はうまれません。つまり、特定の個人が他の商品を購入する方法はありませんでした。また、どれだけの価値があるのかという点で人々の意見が異なっていたので、合意は問題でした。

フェーズ3 – 金属通貨

現存の交換システムは、商品やサービスの価値に関する意見が異なるため、不便な交渉プロセスでした。人々は効率的な交換のための規則と指針を模索し、これこそが通貨の誕生に繋がりました。

人々は商品通貨システムの代わりとして金属通貨を選びました。耐久性、可搬性、可分性、一様性、そして受容性:私たちが通貨として定義するものの特性を、ある程度までですが金属は備えていました。金、銀、その他の金属片が金銭として機能し、時間の経過とともに、金属の粗い破片が金属製のコインになりました。

一方、金属通貨の出現により、専門化と分業によって生産性が向上し、それが経済成長につながりました。

問題:

取引を行うごとに金属の重量を測る手間があるため、多くの時間とエネルギーを人々は浪費していました。それだけでなく、金属通貨を持ち歩くのは肉体的負担にもなっていました。さらに悪いことに、偽造金属貨幣が登場しました

 

 
フェーズ4 – 金担保通貨

金属貨幣の偽造問題は、発行当局の信頼を失墜させました。そのため当局は、手形と引き換えに、一定量の金(ゴールド)を受け取れるという約束を伴った、交換可能な手形を発行することとなりました。こうして有名な「標準システム」が生まれました。

人類の通貨システムは、金属から金で担保されている紙幣へと変化しました。本物の金に変換可能な債券が発行されました。金に裏付けらえている通貨の誕生により、金がその価値を維持する役目を担うようになりしました。

問題:

人類の通貨システムは、金属から金で担保されている紙幣へと変化しました。本物の金に変換可能な債券が発行されました。金に裏付けらえている通貨の誕生により、金がその価値を維持する役目を担うようになりしました。

フェーズ5 – 法定通貨

ゴールドスタンダードがなくなり、法定通貨が世界に導入されました。法定通貨の価値は、通貨を発行する政府によって支えられています。言い換えれば、政府は通貨を合法的な貨幣であると宣言さえすれば、この通貨の価値は需要と供給によって決定されます。法定通貨は、今日広く使われているお金です。

問題:

中央銀行にはいつでも通貨を印刷する権限があるため、今年のベネズエラで見たように、通貨の過剰な印刷はハイパーインフレにつながる可能性があります。無制限の力を持っているように見える中央銀行に加え、一般顧客にサービス提供する商業銀行が結成されました。これらの銀行によって提供されるサービスは有用ですが、商業銀行は不必要な取引手数料、振替の遅れ、および攻撃に対する脆弱性を有する通貨システムを構築しました。

フェーズ6 – デジタルマネー

デジタルマネーは、電子的に利用可能な法定通貨です。デジタルマネーでは、インターネットを介することで、当事者間の効率的な取引が可能になります。

問題:

デジタルマネーは、法定通貨の欠点を共有しています。デジタルマネーはデジタル形式の法定通貨であるため、法定通貨固有の問題は、デジタルマネーも直面しています。

 

 

フェーズ7 – ビットコイン

2008年、法定通貨の非効率性と中央集権的な性質からの脱却を目指し、ビットコインが誕生しました。ビットコインのゴールは、分散型通貨として機能することでした。すべての暗号通貨の最初のものであったビットコインは、分散化された、スケーラブルで、安定した、そして私募通貨の可能性に着目した通貨です。この私募通貨やその他の暗号通貨は、一つの真の解決策になることを目指して誕生しました。

問題:

ビットコインは革命的な発明でした、しかし、法定通貨に取って代わることができる通貨としての属性を、十分には持っていませんでした。他の暗号通貨も同様の試みをしましたが、どれも成功していません。

フェーズ8 – Xank

「理想的な通貨」であるXankは、すべての人々にとって通貨として機能する可能性を秘めた暗号通貨です。Xankについて、もう少し解説します。

Xankは、価格の安定性(Xankはステーブルコイン機能を備えつつも、価格が自由に変動する暗号通貨です。後で説明します)、スケーラビリティ、プライバシー、および分散化の特徴を持っています。Xankは分散化されているので、中央銀行のように貨幣供給量を変えることは、開発元であってもできません。Xankは、現在の通貨システムで見られるコストと時間の非効率性の問題を解決するだけでなく、投資先としての価値を有する暗号通貨としても機能します。Xankは理想的な通貨であり、未来の通貨についての詳細を知りたい場合は、後ほど関連時期をご確認ください。

The Birth and Future of Xank

私たちは、すべての人類のニーズと欲求をよりよく満たすためにXankを作りました。非効率や不便など、世の中が現在抱えている問題を解決するために公開しましたが、変化には時間がかかることを私たちは認識しています。「ローマは一日のうちにならず」と常に言い聞かせています。

世界が進化するスピードにあわせ、通貨も同様の速度で進化します。今日学んだことを振り返ってみましょう。米のような商品通貨の立場を、金属が奪い取りました。しかし、念頭に置いておかねばならないことは、人々が目を覚ました次の瞬間に、商品通貨システムを放棄することを集団的に同意した、というわけではないということです。それとは正反対のことが起こりました。人々は変化を恐れ、米を通貨として使い続けることにこだわりました。それにもかかわらず、民間部門および公共部門の両方からの持続的な努力により、新しく、改善を施された金融システムが採用され、世界もよりよくなってきたのです。

Xankは、通貨の次の進化形です。初期段階では同じような抵抗に直面するかもしれませんが、新しい時代のすべての人にとって理想的な通貨であるXankは、今後も辛抱強く事業に取り組んでいきます。

103

Marketing director at xank.io.

関連する投稿

コメントを残す