ビットコインは世界の流動性リスクに対する新たなヘッジとして機能している

ビットコインが21世紀のヘッジとして、新たな役割を示す5つの図表

暗号通貨の王者、 ビットコインが過去10週間で価格を回復し、3月末には最も重要な心理レベルである、と考えられていた10,000ドルを突破しました。2018年はそれだけでなく、多くのアナリストが予測していたFOMO(機会を見逃すことに対する恐れ)の要因が発動し、それにより先に触れた心理的レベルにBTCが到達してから、ほんの24時間以内に11,000ドルを超えました。FOMO、FacebookのLibra、または市場リスクの古き良きヘッジといった、このような力学がどのようなものであれ、ビットコインの存在意義はさらに高まる可能性があります。

ビットコインとアルトコインの強気の動きは、2017年12月に熱狂の頂点を迎えた最後の「クレイジーチェイス」の時点よりも強固な基盤を築いています。技術の成熟、ビットコインとアルトコインネットワークの周りのアップグレード、割引価格、理解の広まりと深まり、そして普及の拡散がすべて相まって、この強気な動きを形成しています。これの最大の貢献者は、デジタル資産を蓄積するために早期購入により割引を利用した機関投資家たちです。BTCオンチェーン取引の量は1年前より3倍以上増えました。ハッシュ率は史上最高(65.19兆ハッシュ/秒)を打ちだしました – 図2)。CMEビットコイン先物も、1日あたりの未決済約定総数は、5,000を上回っています(図1)。

Figure 1 — Bitcoin Futures Contract hit an all-time high

ビットコインはもともと、分散化(中立性)、ボーダレスネス(特定の組織ではなく、オープンかつパブリックに管理されている)、そして2100万枚コインの供給上限など、世界中の既存の法定通貨では得られないものを提供することを目指して開発されました。法定通貨は中央銀行によって統制されており、通貨や物資に対し制限・監視レベルなどを自分たちの意思で変更することができます。ビットコインのようなデジタル通貨に寄せられる最大の批判の1つは、物理的な存在を持たず、薄い空気の中に存在する(訳注:現実味がない、というニュアンス)ということです。しかし、デジタル時代に突入している現実では、いわゆる紙幣の90%以上がデジタル形式で存在しています。これでは、中立的な資産にはなりえません。なぜなら、それは中央政府によってコントロールされています。必要以上の紙幣を印刷することで、インフレは助長され、その紙幣の価値がますます下がっていきます。

金(ゴールド)は、紙幣よりもはるかに優れた価値のある貯蔵手段です。それは、特定の人物、政府、またはアイデンティティによって管理されておらず、限られた供給量を持ち、常に簡単に現金に変換できるからです。金本位制は国家から通貨を分離しました – システムは非常に安定していたので、約50年前に廃止されるまでの何世紀にもわたり、支配的な通貨管理システムとして機能していました。貴金属は現在、市場リスクをヘッジするための一般的なメカニズムです。以前の記事で説明したように、人々は自分たちの投資を金のような安全な投資先に移動する傾向があります。

Figure 2 — Highest hash rate for BTC ever

金とビットコインの類似点とは何でしょう。唯一の違いは、前者は物理的な形をしていますが、後者はあなたのコンピュータ上で0(ゼロ)と1の形で存在するということです。貴金属を保管するための安全な保管場所を見つけるのは困難なので、ビットコインは金よりも優れています。デジタル資産を保管する方法は複数あります(オンライン、ハードウェア、ペーパーウォレット)。誤解しないでください、ゴールドはおそらく重要な金融資産であり続けるでしょうが、デジタル化が進むうちに、ビットコインは最終的に究極の金融資産として金にとって代わる可能性が高まります。BTC開発者はまだスケーラビリティ、プライバシーとエネルギー消費の問題に取り組んでいます。しかしながら、とりわけ分散化、検証可能性、可搬性と分割可能性と検討に入れると、今すぐ利益はでませんが、この短期的な弱点よりも長期的な利点の方が上回ります。

現在、金がグローバル流動性リスクに対して良いヘッジですが、ビットコインは今後、より効果的なヘッジになっていく可能性があります。この仮説を証明するために、Grayscale Researchが最近発行した記事に示されている数字に、目を通してみましょう。流動性リスクに対するビットコインの新たな役割をよりよく理解するために、このレポートでは、最近数年間で頻繁に発生した金融危機の中で、ビットコインがどのように存在感を高めてきたか、を調べています。

Zoom in for a larger view

このレポートでは、2015年から2019年までの間に起こった、5つの財政危機イベントを対象に、グローバルな流動性リスクに対するヘッジとしてのビットコインの役割を示しています(上図)。それでは、見ていきましょう。

  1. Grexit(2015年4月 – 7月) – 2015年1月にギリシャで新政府が形成されたことは、長期にわたる経済的問題を背景とした、ギリシャからのEU離脱に対する警鐘となりました。ギリシャ政府の債務不履行は、新政府による州銀行閉鎖の決定と厳格な資本規制の強制により、喫緊の課題として浮上してきました。しかし、2015年7月13日、ギリシャと国際債権者との間で合意に至り、経済的大惨事は無事に回避されました。集権的資産の流動性が極端に逼迫しているこの時期に、ビットコインは資産の国内外への譲渡に有利な方法となりました(図3)。
  2. 中国の景気減速懸念(2015年8月 – 2016年12月) – 世界第2位の経済大国中国の中央銀行であるPBoCは、現地通貨である人民元(RMB)の価値を1.9%、加工修正しました。これにより、人民元をオープンな市場に解放しようとの意図があったようです。20年以上ぶりに目の当たりにした、1日あたりの最大の下落幅、それに伴う5年間のリスク資産の売却、そして米ドルに対する11%の人民元切り下げを受け、継続的な切り下げを回避したい投資家は、自身の資産をビットコインに移しました。(図4)
  3. Brexit(2016年6月 – 12月) – 2016年6月、イギリス国民がEU脱退に賛成したという国民投票の結果は、世界に衝撃を与えました。6月24日には、リスク資産の大幅な売却と、伝統的に安全性が高いと目される通貨である米ドルと日本円に対するポンド(GBP)や他の通貨レートに、急激な下落が見られました。他の資産クラスが衰退を見せる中、またもビットコインが再び最高の業績を上げました(図6)。
  4. 地政学的リスクと米国の選挙(2016年9月 – 12月) – 貿易保護主義を掲げる米国大統領の選挙と連邦準備制度理事会による正常化政策の話が、米ドルを数年に数ヶ月にわたるリスク資産の売却を引き起こし巻いた。、米国を後押ししましたドルから複数年の最高値。リスク資産は11月中旬のアメリカの選挙の直後に回復し始めましたが、世界の通貨は米ドル(訳注:原文ではGreenbackと表記されている。Greenbackとは、アメリカのドル紙幣のこと。裏面の色からグリーン・バックス、緑背紙幣と呼ばれる)に対して減価し続けました。投資家がより幅広い経済的リスクからポートフォリオを守ろうとしたため、ビットコインが再び資産の最大の受け皿となりました(図9)。

5. アメリカ – 中国間の貿易緊張(2019年5月5日 – ?) – 貿易関税の往復は2018年に始まりましたが、米国が2千億ドル相当の中国からの輸入品に対してかける関税を、10%から25%へ関税引き上げたことは、市場を驚かせました。世界の2大経済大国が売り言葉に買い言葉のような争いの最中にあることは、世界経済と市場センチメントに重大なリスクをもたらします。協議は進行中であり、問題はやがて解決する可能性もありますが、ビットコインはリスク資産の中でも、特にリスクの高いものに先んじているように見受けられます。この貿易に関する協議が始まって以降、下の図11に示すように、現在のBTC価格と比較した際、その増加率は47%(5月31日時点)から上昇して93%へと伸びています。

私たちは、世界市場に影響を与える世界の経済政策(通貨、財政、貿易)の急激な変化を目の当たりにしています。市場の不確実性、財務上の不況、ブラックスワンイベントなどの課題が、複雑なグローバル金融システムに対して挑戦を断続的に叩きつけています。ビットコインはまだ投資可能な資産であり、世界的な流動性危機に対するヘッジであることを証明している初期の段階にあります。このような状況下で、機関投資家からの支援は急増しています。この後押しを受け、ビットコインは最近の経済的ショックへの対策としてのデジタルゴールドになる道を進んでいます。

原典はこちら: www.datadriveninvestor.com

0

この投稿を気に入った場合は、拍手👏 をお願いします。

Tradealike, Data Driven Investor—Cryptocurrencies | Blockchain | Financial Markets | Technology | FinTech | World

関連する投稿

コメントを残す