世界初の価値が安定している暗号通貨

価格が自由に変動するだけでなく、ステーブルコインの性質をもち、投資益も期待できる世界初の暗号通貨がXankです。毎日利用している通貨と同等、あるいはそれ以上の価値を持つものです。

解説動画

Xankは分散型で、価値が安定しており、プライベートでありながらスケーラブルな暗号通貨で、次世代の通貨として注目されています。

ステーブルコイン機能

Xankは、ユーザーが必要とするときにステーブルコインとしての機能を発揮できます(テザーやUSDCのようなものです)

価格が変動する性質

Xankはビットコインやイーサリアムと同様に価格が変動するため、投資益が期待できます。

特定の価値をたもったまま、自由に取引を

Xankは投資益をもたらす性質を持ちつつ、ステーブルコインとしての性質も併せ持つ暗号通貨です。Xankの特徴であるステーブルペイ機能により、あなたはXank価値が変動する・しない関わらず、Xankを利用・送信・保持することができます。Xankがあれば、法定および暗号通貨、両方の利益を享受できます。

これまでのステーブルコインとは異なります

Xankは価格が変動する暗号通貨でもあります

  • 特定の通貨にペグされていない
  • 投資益が期待できる
  • 相場による価格変動

ビットコインやイーサリアムと同様に、Xankの価値は増減します。市場の需要と供給のバランスがXankの価値を決めると同時に、投資益を生みます。

オンデマンドのステーブルコイン機能

Xankにはステーブルコインの性質があります

  • 送金
  • 商品やサービスへの支払い
  • 資産を維持

送金したり、ドーナツを買ったり、資産として保持したりするときに、暗号通貨の価格の乱高下を心配する必要はもうありません。Xankに搭載されたオンデマンドのステーブルペイと呼ばれる、価格安定機構があるからです。

分散型で、オープンソースの暗号通貨

Xankたらしめている特徴

自律分散型資金リサーブ

Xankには、自律的に資金調達を行う資金プールとして稼働するリザーブが備わっており、これがIMF SDRレートに基づいた価値でのXank取引を可能にする機能である、ステーブルペイを可能にしています。

マスターノードとステーキング

Xankはマスターノードの立場を、ネットワーク参加者と平等になるようにしました。かつ、Xankコインを1単位でももっていれば、ステーキングできます。

実力主義ガバナンス

Xankは、実力主義ガバナンスを採用しています。これは、ブリッジウォーター社のRay Dalioの実力主義という考えに倣ったものです。

優良なプロジェクトへ資金提供するXank基金

Xankは単なる暗号通貨ではありません。Xank基金は、世界をよりよくするアイデア実現のための資金調達源になります。

IMF SDRに仮想ペグ

ステーブルペイ機能による取引は、IMFのSDRレートに基づき、法定通貨の額面によって安定した価値を持つことができます。

極端な価格変動セーフガード

極端な価格変動が起こった場合にネットワークを守るため、Xankにはセーフガードメカニズムが搭載されています。

分散型オープンソース暗号通貨プロジェクト

Xankのユースケース

Xankは日常使いすることを目的に設計された暗号通貨です。ステーブルペイ機能により、海外の親戚への送金、事業に関する支払い、運営している店への支払いの受け取りなどが可能になります。多くのユースケースに加え、Xankは暗号通貨としての投資価値を持っています。真の意味で理想の通貨です。

  • 友人に送金
  • 商品やサービスの支払い
  • 支払い手段としてXankを利用
  • 事業上の支払いと受け取り
  • 投資ポートフォリオに追加
Xankの最新情報

新着情報

ステーブルコインが直面する問題と乗り越えるべき課題

暗号通貨はここ数年、多くの起伏を経験し、それが話題の中心になっています。価格、詐欺、および金融機関からの対応が極端に変わっていることなどにより、暗号通貨を扱う会社の経営能力が試されている、ともいえるでしょう。そのようなデジタル通貨に関するネガティブな見方が存在する主な理由のひとつは、ステーブルコインが生み出されたことです。ステーブルコインが対処しようとしている課題、それがボラティリティです。 ステーブルコインは価格の変動性を制限し、投資家を保護できる可能性があるにもかかわらず、ステーブルコインには課題がつきまとっています。ステーブルコインの先行きには課題が山積しており、暗号通貨の分野で一般的な存在になるためには、多くの課題を克服しなければなりません。 担保による制限 ステーブルコインを取り巻く主な問題のひとつは、ステーブルコインを得るための主な方法です。たとえば、テザーのようなステーブルコインは担保型IOUを提供していたため、問題を抱えていました。担保型IOUはもともと、有形資産による裏付けを根拠に投資家が自信を持てるようにすることが目的でしたが、これに分類されるステーブルコインにとって、適切な量の担保を提供することが困難であることが証明されました。 テザー後に誕生したステーブルコイン、たとえばMakerDAOや Synthetix(シンセティックス)は、こうした課題を解決するために、既存の資産の裏付けを、ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどのデジタル資産に対する裏付けに置き換えました。この方法に関する大きな課題のひとつは、担保資産の価格が非常に不安定であるため、こうした資産を基盤にしているステーブルコインが、従来の暗号通貨が抱える同じ問題に対して脆弱になりかねないことです。 最新のステーブルコインプロジェクトは、エコシステム内のコインの量を増減するアルゴリズムを使用し、価格を調整してこれらの問題の解決を図りました。これまでのところ、このアプローチが効果的であることは証明されていますが、このアプローチもまた、様々な課題を持っています。たとえば、Carbon(カーボン)というステーブルコインには中央集権的な管理体制が残っていますし、これ以外のステーブルコインの多くは、まだ高レベルのスケーラビリティを有していません。 価格安定性をいかに維持するか、という課題 ステーブルコインは価格の安定性を維持するように特別に設計されているにもかかわらず、いくつかのプロジェクトはその機能を発揮できず、プラットフォーム自体に課題を抱えています。もし損失や収益が数セントまたは1ペニー程度の話であれば問題ないのですが、ステーブルコインの価値を支えるペグ資産そのものに安定性がなく、プラットフォームの生態系全体が脅かされている実態もあるため、心配の種となっています。 MakerDAOで実際に起こったことを、例としてご紹介します。リリース後、大量の誇大宣伝が続きました。しかし、その価格は0.72ドルにまで落ち込みましたが、その後、0.80ドルあたりで安定しました。このような事態が発生すると、「不安定な」ステーブルコインは自信とパフォーマンスが欠如しているため、投資家へ自分達のプロダクトをマーケティングするのに非常に苦労する可能性があります。こうした状況により、コイン自体が死んでしまう可能性すらあります。こうした問題のいくつかは、ステーブルコインだけではなく、暗号通貨全体の問題でもあります。この問題の解決策として有力視されているのが、価格を調整してボラティリティを防止するアルゴリズムの採用です。この例に当てはまるのがXankやKowalaのようなステーブルコインです。 多数のステーブルコインが集中管理されている現状 多数のステーブルコイン、そしてまた多数の暗号通貨交換所が直面している問題の1つは、それらのプラットフォームが中央集権化されているという事実です。これに加え、これらのプロジェクトのいくつかは、将来的に分散化する意図すら持っていないようです。これは、最大のブロックチェーンのいくつかが分散化を改善する方法を模索している、という事実にもかかわらずです。 中央集権化がもたらす主な問題のひとつは、プラットフォームがサイバー攻撃にさらされるリスクが高くなるため、分散型ステーブルコインや暗号通貨交換所よりも資産が盗まれる可能性が高まる、という事実です。これは、攻撃者が利用するための重要なターゲットポイントが、分散型ネットワークにはないためです。完全に分権化されることを目的としているステーブルコインのひとつとしては、USDXプロトコルがあります。 上記の問題が重要視されるのは、次に述べる事実が理由です。15億ドル相当の暗号通貨ファンドが中央集権型の暗号通貨取引所にウォレットを持っていること、これは非常に大きなリスクです。さらに、世界でも大規模な暗号通貨取引所のひとつであるBinanceは、2018年7月にサイバー攻撃を受けました。これにより、4100万ドル相当の被害を被りました。分散化はステーブルコインと暗号通貨をとりまく、この業界全体の安全性を高める上で重要なステップなのです。 投資可能性の欠如 価格安定性を提供することはステーブルコインの主な目的のひとつですが、これは同時に、投資家がステーブルコインに投資しようとする意思をくじかれるという、独特の課題を伴います。この課題の最大のものは、ステーブルコインの価格が上昇する、ということが期待できない点です。ボラティリティをなくす方向で開発されているため、ステーブルコインの価格はどのような市況でも上昇することはありえない、と予想されます。この性質のために大きな運用益を期待できないという判断を導き、投資を受けられる可能性を狭める、というネガティブな結果に繋がります。Xankはステーブルコインとして機能するシステムを開発し、この課題を解決しようと奮闘しています。Xankでは、ビットコインやイーサリアムと同様に、価格が自由に変動する暗号通貨としての性質も持ち合わせています。そのため、Xankは価格安定性と投資家にとって魅力的な投資対象としての価値、これら2つを両立させます。 他のプロジェクトが欠点をさらすことによる悪評...
2019年06月25日 1 分読む

ステーブルコインの隆盛と世界的需要の中で中国が優勢を占めることを表す6つのチャート

中国の欲望が独占を進めるほど、ステーブルコインの人気も高まる 暗号通貨の取引量に関する最新の報告の中には、ほとんどの需要が米国起点であり、世界規模の取引所の一部で行われている、と結論付けています。しかし、米国の規制当局が抱く、ビットコインの価格操作に対する懸念を軽減できていません。最大のステーブルコイン、テザーに関するオンチェーン取引で資産が動かされた、というデータを概観すると、暗号通貨を完全に禁止したことについて議論を巻き起こした中国にとって *difficult picture であることがわかります。これについては後術しますが、まず最初に、過去1年半にわたるステーブルコインプロジェクトが継続的に増加してきた様子を見てみましょう。このデータはAutonomous NEXT Analysis, Chainalysis & Coin API によって提供されています。 暗号通貨普及のプロセスをスピードアップするための信頼できる支払いメカニズムである、というステーブルコインの有用性に着目した前提は、ビットコインとアルトコインの大規模な価格変動によって生み出された誇大広告にはめ込まれています。それは、ここ数ヶ月の間に多くの人が目撃したことでしょう。2018年は主要な暗号通貨にとっては最悪レベルのベアマーケットのひとつでしたが、ステーブルコインは価値を一定に保つことができる支払いメカニズムであることもあり、また法定通貨がその裏付けになっていたことから、牽引力、採用、そして受け入れやすさを高めていきました。 上のチャートを見ると、2018年12月に暗号通貨価格が急落して最安値になる前まで、すなわち2018年1月〜10月の間に、ステーブルコインプロジェクトの数がほぼ倍増していることがわかります。ただしそれ以降、ステーブルコインプロジェクトが50%近く増加し、総数は250を超えました。非常に興味深いことに、前年の冬に記録した低迷に関わらず、これらのプロジェクトによって集められた資金は指数関数的なペースで現在も増え続け、40億ドルをはるかに超えています。もう1つ注目すべき要素は、ステーブルコイン業界におけるテザー(USDT)が時価総額の70%以上を占めていることです。 テザーがステーブルコインスペースのマーケットリーダーであることについて話したところで、次のチャートに目を通してみましょう。Chainalysisが公開しているデータによると(上図)、テザーに対する中国の需要が急増したことがわかります – 中国の取引所が受け付けたテザーのオンチェーン取引額は、2017年第4半期時点ではわずか12%でしたが、2019年第2四半期には62%へ、5倍もの成長を見せました。中国の取引所で見られる取引量の増加は、米国の取引所に相当な損失をもたらしています。同時点で比較すると、米国の取引所のシェアは39%から2%へと劇的に減少しました。テザーのオンチェーン取引の世界シェアもまた、48%から36%へと大幅に減少しています。...
2019年06月18日 1 分読む

ステーブルコインが抱える共有の欠点とは?

今月、ビットコイン価格が上昇し、暗号通貨の価格がピークに達する直前の2017年を彷彿とさせる動きを見せました。 絶好調の時は誰もが覚えていますが、谷が存在することは忘れがちです。ビットコインの価格上昇に伴い、値段が下がるものがあります。ボラティリティは、デジタル通貨の誕生直後から世界的に注目を浴びるまでの経緯について話題に上るときに、好まれない要素です。しかし、ビットコインの最近の動きに乗じて、再び話題に上がるようになりました。 去年の夏以来初めて8000ドルのしきい値に達した後、ビットコイン価格は急落しました。7000ドル近くまで落ち込んだことで、トークンの成熟度に、ボラティリティが重要な役割を果たしていることが再度証明されました。 もちろん、ボラティリティはビットコインだけの問題ではありません。人気のあるデジタルトークンの多くは、急激な価格の高騰や暴落に悩まされています。これは、通貨として使うにはリスクが高すぎるため、投機的資産としての側面に注目が集まるのも当然です。 業界の多くの人にとって、このボラティリティに対する解決策はステーブルコインでした。これらの暗号通貨は他の暗号通貨と同じ技術を使用し、その価値を金・金属、その他の有形資産を元に設定します。これは、暗号通貨エコシステムの不安定さをヘッジするための典型的な方法であり、それらの機能は既存の仕組みに比べ、優れた結果をもたらす可能性があります。 これらはデジタル通貨のセキュリティ、機能性、および使いやすさを維持しながら、すでに確立されている資産に基づいた信頼性を有します。 確かにこれらはよい解決策ですし、業界にはまだ未成熟な部分があることも事実です。とはいえ、喫緊の課題が解決されるに伴い、ステーブルコインがデジタル通貨の機能面の発展に貢献することでしょう。 まず、論点を整理する必要があります。ステーブルコインが有する2つの欠点と、それがこの領域の未来にとってどのように影響するのかについて、考えていきましょう。 規制のありかた 規制が定まっていない状況は、あらゆるレベルで暗号通貨の普及にとって重大な問題と見なされていますが、ステーブルコインにとっては特に将来を占う重要課題です。 ステーブルコインは、ある意味で資産担保型の資産となることを求められます。そのため、約束に重みが加わり、そのようなトークンは証券として分類される可能性があります。SECのデジタル資産担当上級顧問であるヴァレリー・スチェパニクは、「証券の領域に分類される可能性があるのであれば、経時的な価格変動をコントロールする管理人が1人は必要になる」とSXSWの参加者に語りました。 3月、SECがイーサリアム(Ether)および他の同様のトークンは証券ではないと判断した、とSEC会長であるジェイ・クレイトンが発表しました。それに先んじて、クレイトン議長は、暗号通貨業界に適用されるであろうことを見越したのか、有価証券の定義を指摘しました。 これにより、イーサリアムのようなプラットフォームにまつわる問題をかなり明確にしましたが、ステーブルコインについては、業界の発展を定義しうる規制の枠組みの完成を待機しています。 より具体的には、資産証明、企業コミュニケーション、およびその他の標準に関する規制により、ステーブルコインプラットフォームが金融および商業エコシステムにおいて重要な存在としての地位を確立していく可能性があります。 悪評 残念なことに、最も有名なステーブルコインであるテザーは絶えず論争の対象になっています。 Credit:...
2019年06月11日 1 分読む

メディア掲載

Xankはステーブルコインレポート、ニュース記事などで話題になっています。

コアメンバー

Xankチーム

XANKチーム

アドバイザー

Xankのことをもっと知りたい方は

Xankの各種ドキュメント

ホワイトペーパー