Xankが華北東商工会議所連盟と協力合意を締結

約2000人の会員を持つ中国の商人連合、華北東商工会議所連盟は世界中の国々に商品を輸出しています。彼らとXankは、協力体制を敷くための協議を開始いたしました。公式発表記事は韓国語でこちらに掲載されていますが、記事の翻訳版も用意しています。

Xankは華北東商工会議所連盟と協力協定を締結しました

次世代のステーブルコインであるXankは、5月29日に華北東商工会議所連盟との協力協定に達したことを5月31日に明らかにしました。

Xankは、連盟の会長・メンバー・従業員と面会し、この合意にたどり着きました。デジタル決済の新しい時代を迎えるために、両者が協力しあうことを表明しました。進展があり次第、この協定の詳細は公表される予定です。

華北東商工会議所連盟は、製造、貿易、および物流会社の代表者である約2,000人の会員からなる組織です。連盟のメンバーは、米国、南アメリカ、アジア、および中東への一般的な商品の生産と流通を担当し、この業界における世界的リーダーとしての評判を得ています。

Xankチームメンバーは、華北東商工会議所連盟との協力合意について、次のようにコメントしています。「本物のパートナーシップを通じ、より強固な関係性を構築していきます。今後も、ステーブルコインに関する様々なビジョンを提案していきます。」

その一方で、価値を保ったまままで取引を可能にする機能を有す、世界初のステーブルコインであるXankは、使いやすさと暗号通貨の普及を妨げてきた価格変動性を克服するために誕生しました。価格を一定に保ったまま取引を可能にすると同時に、価格が自由に変動する暗号通貨としての特徴も兼ね備えているXankは、必要に応じてステーブルコインとしても機能しますし、投資対象としての価値も有しています。

Xankの価格はビットコインやイーサリアムのように上下する可能性があるため、市場における需要と供給のバランスが、暗号通貨の価格を決定します。したがって、投資対象として潜在的魅力があります。

さらに、Xankのステーブルペイ機能により、誰でも暗号通貨を所有・保持・使用して商品やサービスの支払いに利用できます。この機能はオンデマンドで利用できます。この価格安定メカニズムは、Xank独自のものです。

Xankのチームメンバーはさらに次のように述べています。「Xankのビジョンは、世界中の誰もが使用できる代替通貨になることです。我々が目指すのは、次世代のステーブルコインとなり、世界の金融システムの欠陥を改善し、よりよい世界を創造することです。」

ウズベキスタンでの関係構築を目指して努力を重ねるXankの動きと平行して、中央アジア市場における存在感を高めるため、委員会を華北東商工会議所連盟は送る予定です。

0

この投稿を気に入った場合は、拍手👏 をお願いします。

Cryptocurrencies and blockchain. Team member at xank.io

関連する投稿

コメントを残す