6つのチャートから見るステーブルコインの現状

2019〜2020年は、ステーブルコインが活況を帯びる年になるでしょう

ブロックチェーン研究グループBlockdataの最近のレポートを読むと、ステーブルコインの動向が、過去18か月ほどでどれほど大きくなったかについて多くの示唆が得られます。2018年に一定の成功をおさめ、2019年にはさらに革新的なプロジェクトが次々とネット上で話題になるという、堅調な成長年を見せています。この話題についてあまり知らない方もいらっしゃるかもしれないので、ステーブルコインについての簡単な解説から始めましょう。

ステーブルコインとは何か?

ステーブルコインは、従来の暗号通貨が抱えているボラティリティの問題を解決し、価値の安定性を保有するために開発された、原資産の価値に付随する暗号通貨です。分散型暗号通貨のボラティリティが高まっていることは、デジタル資産が広く普及する際の妨げとなっています。ステーブルコインは、価格変動の少ない市場環境のもとで、価値が安定した交換手段と価値を電子的に記録・保有する手段を提供することによって、この問題を解決するために利用されることを目指しています。

ステーブルコインの利点

  • 前述したように、ステーブルコインは暗号通貨の価格のボラティリティを最小限に抑えることができます。上の表にあるように、暗号通貨のボラティリティは、5〜160%と広い範囲に及びます(2017年の初めから)。法定通貨と同様に、日常生活での取引に使うことができます。
  • トークンを発行するブロックチェーンプロジェクトのほとんどは、概念実証や実際の利用例を提示することなく開発が進められています。したがって、これらのデジタル資産の価値が大きく変動する事態は、彼らのプロジェクト推進を非常に危険にさらします。ステーブルコインはそのコインが紐付けられている原資産により価値が生じます。
  • 裏付けとなる資産は定量的測定が可能であり、ある程度の価値があることが証明されている、法定通貨、商品、またはその他の資産であること。
  • 世界中の中央銀行が経済状況に応じて法定通貨の供給を管理できるのと同様に、いくつかのステーブルコインプロジェクトはデジタルトークンの供給量を制御するアルゴリズムを使用します。これによりデジタルトークンの価格を安定させ、投資家の信頼を維持し、それがイノベーションと成長を促進します。
  • 安定的、安全でスケーラブルなステーブルコインの性質は、伝統的な金融市場と新しいデジタル資産を橋渡しする役割を担います。投資家は、確信を持ってステーブルコインを利用し、暗号資産を市場に流通させることができます。
  • そして最後に、ステーブルコインは暗号資産取引を円滑に行うための流動性ツールとしての役割も担います。伝統的な金融市場と比較して、暗号資産市場の流動性は依然として低いため、価格が不安定に変動しています。これらはステーブルコインを使って対処することができます。

ステーブルコインの欠点

  • 金融規制当局は依然としてステーブルコインを証券法の一部に違反している存在であると捉えています。なぜなら、中央集権的組織によりこれらのデジタル資産の価格変動が管理されているからです。ステーブルコインプロジェクトのほとんどは本質的には中央集権的ですが、これは分散型ブロックチェーンが持つ本質に反します。
  • 暗号資産とコモディティで支えられているステーブルコインの中には、価格ボラティリティの影響を受けやすいものがあります。
  • 特に暗号資産市場において価格の暴落が発生した場合、その価値は不安定になります。これらのステーブルコインの価値の裏付けになっている担保資産周囲に存在するグレーゾーンは、価格変動の行方をさらに見えにくいものにします。
  • 法定通貨を裏付けとするステーブルコインには、中央銀行のような中央集権的な機関への信頼に基づいたが必要ですが、このようなコインは外的な地政学的要因に影響を受けやすい特徴があります。

現状を表現するチャート

以下のチャートにより、レポートの中で特に注目すべき項目が可視化されています:

1. ステーブルコイン全体の30%だけが稼働中です。残りは開発中か、すでに閉鎖されています。

2. オフチェーンは、ステーブルコインプロジェクトの担保(法定通貨またはコモディティ)として最も一般的な形式です

3. USDの価値に付随するステーブルコインがもっとも失敗率が低く、現在もアクティブ、かつ著名です。クローズされたプロジェクトのうち、67%が金(ゴールド)が価値の根拠でした。

4. すべてのアクティブなステーブルコインの50%がEthereum(イーサリアム)ネットワークで開発されています。ステーブルコインプロジェクトが選ぶプラットフォームの中で、イーサリアムは最も人気があります。

5. Tether(テザー)はすべてのプロジェクトの中で、最も多くの資金を調達しています。IEOを通して10億ドルを調達しました。これはトップ15のステーブルコインによって集められた合計20億ドルの資金のうち、半分を占めます。

6. 2019年から2020年はステーブルコインがもっとも活動的になると予想される年であり、そのうち134個は2017年の初めからローンチされています。そのうち、これまでに無事にローンチされたのは、わずか15個です。

レポートの詳細な記録を読みたい方はこちらからアクセスしてください。ただし、このレポートは教育目的および有益な目的のみを目的としているため、専門的な投資アドバイスとして捉えないようにしてください。

レポートは、2つの短いケーススタディを追加することで締めくくっています。
Tether(テザー)は、偶然にも最大のステーブルコインです。皮肉なことに、テザープロジェクトは価格操作疑惑と監査への対応に悩まされ続けています。それにもかかわらず、テザーはまだ成長しています。2つ目は、知名度が高く野心的な分散型プロジェクトBasisに関するものです。このプロジェクトは、アルゴリズムによって管理・運用される中央銀行と安定的な価値を維持する暗号通貨プロトコルです。規制当局への対応と規制そのものの迷走に巻き込まれ、活動を開始してから17ヶ月後の2018年12月にその活動を停止しました。

Email📭| Twitter📜 | LinkedIn📑| StockTwits📉 | Telegram🔗

原典はこちら: www.datadriveninvestor.com

0

この投稿を気に入った場合は、拍手👏 をお願いします。

Tradealike, Data Driven Investor—Cryptocurrencies | Blockchain | Financial Markets | Technology | FinTech | World

関連する投稿

コメントを残す