BTI暗号通貨マーケット監視レポートの要点

Blockchain Transparency Institute(BTI)は、ウォッシュトレード(注:偽造取引、あるいは水増し取引のこと)、最もクリーンな取引所、デジタルコインの真の取引高を調査・分析しています。

BakktのBTC現物先物のローンチは、暗号通貨業界にとって残念なことです。この記事を執筆している時点で毎月の先物取引契約が71件、この新しいプラットフォームで成立しました。ゆっくりとした立ち上がりであったことがやや残念でしたが、それに加え、火曜日の1時間以内にビットコインの価格が約15%急落したことも、暗号通貨価格の上昇期待に冷水を浴びせました。

ビットコインは、リバウンドする前に一時的に$8Kレベルを下回りました。執筆時点で約$8,400で取引されています。ある匿名トレーダーによると、100倍のレバレッジ取引が可能な暗号通貨取引所であるBitmexにて、彼(彼女)のクライアントがコールと契約清算によりBTCの売り圧が増悪した可能性があるそうです。これらのマージンコールは、暗号分析プラットフォームDataMishによって報告されました。もしこれが真実であるならば、1つの暗号通貨取引所がデジタルコインの価格にどのような影響を与えるのかに思いをはせた時、いくつかの深刻な課題に直面せざるを得ない可能性があります。

Figure 1

Blockchain Transparency Institute(BTI)は2018年8月からマーケット監視レポートを公開していますが、つい先日、第5回の市場監視レポート(2019年9月)を公開しました。そのレポートでは、独自のアルゴリズムを使用し、暗号通貨取引所における水増しされた取引高を除去します。また、暗号通貨交換所の取引量を正確にレポートしているかを検証するために、BTI検証プログラムを開始しました。

➤ BTIによると、彼らのチームは多くの取引所から協力を受けており、ウォッシュトレードは2019年初頭から35.7%削減されています(Figure 1)。BTI検証済みプログラムの詳細な方法論は、 こちら にあります。

➤BTI検証済みクラブに最近加入したばかりの取引所はBinance、Gemini、BitFlyer、およびIndodaxで、検証済みの取引所の合計数が13箇所になりました。これには、Coinbase、Kraken、Polonexなどが含まれます(図2)。4社の新規参入取引所は現在、ウォッシュトレードが10%未満であると報告しており、検証済み取引所リストに掲載されています。

Figure 2

➤ BTIデータによると最もクリーンな取引所は、Kraken、Poloniex、Coinbase、Upbitです。詳細なデータについては、real Top40にランクインしている取引所についてのデータをご確認ください。

➤ これとは対極的に、OKExとBiboxは、偽取引高が75%を超えていると報告されています。ただし、(ウォッシュトレードを排除した後の)実際の取引高であっても、依然としてトップ20の取引所にランクインしています。

➤ 米国と日本は、より厳しい法的基準および規制基準により、最もクリーンな暗号通貨取引所の本拠地でした。しかし、これは韓国には当てはまりません。韓国では、Bithumbの狡猾な運営により、国の厳しい規制を回避しています。

➤ 個々の暗号通貨やトークンに話を移すと、ビットコインは49.20%、イーサリアムは67.78%、リップルは57.46%、テザーは63.37%、ビットコインキャッシュは80.29%がウォッシュトレードされていると報告されています。MoneroやDashなどの上位のアルトコインは、それぞれ91.70%と97.17%が偽ボリュームだった、と報告されています。個々の暗号通貨やトークンにおけるウォッシュトレードのデータは、こちらをご覧ください。

Figure 3

➤ 過去90日間で67.3%だったウォッシュトレードを削除した後に集計した結果、最も取引高の多かったステーブルコインはテザー(USDT)であり、暗号通貨全体の全取引高の94%を占めました(図3)。

➤ USDCは、過去90日間で7%未満、という最も低いウォッシュトレード取引高を記録し、2位につけました。DAIは5番目に大きいステーブルコインで、2番目に高いウォッシュトレーディング量である30.2%を記録していました。

➤ BTIは、コインマーケットキャップ (CMC)にも着目しています。後者の上位10コインに関する「調整済み取引高」ランキングには、LBank、BW.com、Bit-Z、Coinbene、およびOEXといった取引所が含まれ、偽の取引高はそれぞれ99.5%、99.2%、99.4%、96.9%、および99.7%に及びます。 BTIによると、さまざまな暗号通貨取引所から寄せられた取引高に対し、CMCは厳しいチェックを行う必要があることを示唆しています。

暗号通貨市場における偽の取引高が報告されている問題へ対処するには、さらに多くの作業を行う必要があることをBTIは認めています。ウォッシュトレーディングは、暗号通貨市場の透明性に対する汚名であり、投資家を誤解させるため、早急に対処しなければなりません。

Originally Published on Medium.

Medium | Twitter | LinkedIn | StockTwits | Telegram

0

この投稿を気に入った場合は、拍手👏 をお願いします。

Tradealike, Data Driven Investor—Cryptocurrencies | Blockchain | Financial Markets | Technology | FinTech | World

関連する投稿

コメントを残す