ステーブルコインの非効率さを改善するには?


号通貨の人気と普及に影響を与える要因は複数ありますが、その中でもとりわけ大きな要因となっているのは、価値が非常に不安定であり、次の瞬間には価値が変動している可能性があるという事実です。この不確実性は多くの潜在的な投資家の参入を阻み、暗号通貨が既存の通貨に代わるものとして利用される可能性を制限しています。一部のスタートアップは、ボラティリティの問題に対処するために「stablecoins(以下、ステーブルコイン)」を提供しようとしてきました。

ステーブルコインを使用すると、暗号通貨での市場のボラティリティの問題は解消されますが、価格が自由に変動する暗号通貨と法定通貨の2つとステーブルコインを比較したときに、ステーブルコインの評価を下げてしまう要因を含んでいます。この記事では、ステーブルコインとは何か、それらの長所と短所、そしてブロックチェーン・プロジェクトがその非効率性をどのように改善できるのか、説明します。

ステーブルコインとは?

端的に言えば、ステーブルコインは一定の安定した価値を持つ暗号通貨です。一般的に、これは米ドルや金(ゴールド)のような高い安定性を持つ別の資産にコイン価格をペグすることによって実現されます。ステーブルコインは金などの資産とは異なり、価値の安定性を中央銀行などの組織ではなく、ステーブルコインそのものがその安定性の根拠になっています。

一般的に、ステーブルコインの価値は何らかの担保資産によって裏付けられ、ステーブルコインを一定の評価額で売買する動機を市場に提供できるよう、コインの供給量を管理します。ステーブルコインは通常、その資産に対して1:1の比率を保持します。たとえば、ステーブルコインが米ドルに固定されている場合、1ステーブルコインは1米ドルの価値があります。

法定通貨にペグされているステーブルコインとしては、True USD(これも米ドルにペグされています)、USD CoinPaxos StandardおよびStasis EURSが例としてあげられます。その安定性を保持するためにアルゴリズム的な方法を採用するステーブルコインもあります。その例がXankです。大規模なステーブルコインの中には、時価総額が非常に大きいものがあり、True USDの市場規模は2億313万7000ドルです。

ステーブルコインの長所と短所

ステーブルコインの最大の利点の1つは、不安定な市場の動きに左右されずに価値が維持される安全性とセキュリティです。2017年後半、多くの暗号通貨価格がピークに達しましたが2018年に急落しました。そのおかげで、リターンは小さくも、安定した価格を維持したステーブルコインの長所が実証されました。ステーブルコインは、市場が混乱している時期に、それらを使ったトレーダーが自分の利益を健康に保つことを可能にしました。市場がより安定し、再び上昇し始めると、トレーダーはステーブルコインを再投資することができます。

ステーブルコインのもう1つの利点は、大多数の暗号通貨にも当てはまります。これは、価値の保存媒体として機能できるという事実です。つまり、これらはデジタル通貨として使用できるため、製品購入やサービス利用の支払いに使用できます。または他の資産の取引に使用できます。ステーブルコインの価格安定性により、価値を保存する際の標準的な手段としての地位を固めつつあります。

ステーブルコインの普及に対する反論の1つは、他の暗号通貨と比較して非常に安定しているという事実にもかかわらず、それらがペグされている資産の価値が増減すると、それによってステーブルコインの価値も左右される、ということです。例えば、欧州連合を離れる姿勢を表明したことで価格が増減するボラティリティを経験している英国ポンドに対してペグされているステーブルコインの場合、そのステーブルコイン保有者は損失を被る可能性があります。

さらに、ステーブルコインのもう1つの短所は、価格が自由に変動する既存の暗号通貨と比較した場合、トレーダーにとっての大きな損失を防ぐのに有効である一方で、投資益を期待していたほどは得られないという課題を表面化させることです。暗号通貨市場のボラティリティは、人々が莫大な資産を失わせる可能性がある一方で、価格が急上昇したときに投資家が莫大な資産を築くことにも貢献します。

Photo by James Pond on Unsplash
ステーブルコインの非効率性を解決する方法

この記事では、アルゴリズムによるステーブルコインについて簡単に触れました。アルゴリズムによって機能するステーブルコインは、市場の動きに直接反応して流通するステーブルコイン数を増減するアルゴリズムに基づいてその価値を維持するという意味で、通常の法定通貨に裏付けされたステーブルコインとは異なります。

これらのステーブルコインの大部分は、ネットワーク外に存在する有形資産とペグされています。この一例は、米ドルに裏付けられたBasisと、Basisとも呼ばれるトークンです。彼らはBond(債券)トークンとShare(社債)トークンを搭載していました。

Basisを生み出すためのBondトークンを販売することが、その拡大の引き金を引きます。安定した価値を生み出すのに必要な量のBasisが集まらなかった場合、システムは必要量で割った追加のBasisを各ユーザに発行します。一方で、システム内のBasis流通量を減らす必要がある場合、トークンの所有者は、自分たちのBasisと一緒に(利用可能性が限られている)Shareトークンを購入するよう促され、システム内の流通量が減り、Bondトークン保有者の投資回収が約束されます。

このモデルは、Basisにとって有益である、と予測されていました。しかし、
米国の規制に関する圧力を受け、2018年末に顧客対応を辞めざるを得なくなってしまいました。それにもかかわらず、そのアイデアは非常に魅力的で、ベンチャーキャピタルから1億ドル以上を調達したこともありました。

Basisが最終的に失敗したにもかかわらず、彼らのアイデアは多くのプロジェクトにインスピレーションを与え、多様なステーブルコインの誕生に寄与しました。

Carbon

Carbonによって開発されたCarbon USDは、Basisとデザインが似ています。彼らは、CUSDを破壊するために、オークションでカーボンクレジットに入札するようユーザーに奨励することで、コインの供給を増やします。その見返りに、ユーザーは値引きのオファーを受け取ります。これはステーブルコインの価格を維持するのに役立ちます。ステーブルコインの価値が変化するにつれて、Carbonはその価格に適応するようにいくつものトークンを販売します。

Xank

外部資産にペグされているステーブルコインを選ぶこともできますが、そのような資産にペグされていないステーブルコインを使用することもできます。その選択肢のひとつがXankです。具体的には、Xankのステーブルペイ機能です。これにより、ユーザーは暗号通貨の取引中に発生する価格変動を気にする必要がなくなります。また、価格が制限なく変動する暗号暗号としても機能します

ステーブルペイ機能は、ブロック報酬のうち一定割合をプールすることで必要な資金を自動的に調達する準備金(リザーブ)によりきのうしています。リザーブに蓄えられた資金は、取引に必要なコインを補填するか、または余剰分をプールすることでステーブルペイ機能による取引を可能にします。利用者は自分の資産の為替レートをブロックチェーンにアップロードします。たとえば、XankからIMF SDRを使用できます(これはステーブルペイ機能を使った取引で適用されます)。

さらに、経済の完全な崩壊から保護するために、極端な価格変動セーフガード(EVS:Extreme Volatility Safeguard)を搭載しています。

Xankはステーブルコインとしての機能のみならず、価格が自由に変動する暗号通貨としても機能します。暗号通貨 – ステーブルコインハイブリッドであることで、投資益を得られる可能性が欠如しがち、というテーブルコインの課題を解決することができます。なぜなら、トークンが所有者に配当を生み出すためです。つまり、トークン保有者は、取引中の価格安定性、エコシステムの安定性の維持、投資収益を得ることができるのです。

Xankのプラットフォームでは、Xankの価値は法定通貨や他の資産に常にペグされるのではなく、取引期間中にのみペグされます。つまり、一部の法定通貨および資産に裏付けされたステーブルコインは、その資産の価格変動に影響を受けますが、Xankの場合はそうではありません。この仕組みにより、暗号通貨が持つ価値の保護と安定性が生まれ、投資を保護するのにも役立ちます。

結論として、ステーブルコインにはいくつかの制限があると同時に、プラスの機能もあります。従来の暗号通貨は、史上まれに見る価格変動性を持つため、大きな投資益の可能性を秘める一方、ステーブルコインはその価格安定性により投資益を得られる可能性は非常に低いのが現状です。

市場の影響を受けて発生するボラティリティを制限することで、日常的に暗号通貨を使用する個人を増やすことができるだけではなく、ステーブルコインプロジェクトに投資することができるという特徴を併せ持つことで、暗号通貨を通じた投資で大きな利益を得ようとしている個人をも惹きつけます。

137

この投稿を気に入った場合は、拍手👏 をお願いします。

Creator & Chief Scientist @XankMoney. Founder @Hycom & @Hycare. Entrepreneur. Developer. Designer. Writer. Blockchainist. Kosdaq IPO. https://ryuhyun.kim/

関連する投稿

コメントを残す