暗号通貨を事業者が利用できるようになる条件

1 分読む

2017年、ロングアイランドアイスティーコーポレーションは、たった一日で株価が300%近く上昇しました。この人気のある飲料会社は、新製品を発表したり、販売実績の発表したりしませんでした。実際のところ、同社はその事業や製品について、ほとんど何も変わっていなかったのです。

中身ではなく、社名を変更したのです。2017年12月21日、ロングアイランドアイスティーコーポレーションはロングブロックチェーンコーポレーションになりました。社名変更は、ビジネスを発展させるため、トレンドとなっているブロックチェーンテクノロジーとデジタル通貨を利用した思索の一つでした。

多くの人がこの出来事をギミック(訳注:巧妙な仕掛け、特殊なもの、不正じみたという意味をもつ言葉)として描いており、実際の投資やブロックチェーンへのユーザビリティの欠如やそれがもたらしたデジタル通貨には注意を払っていました。実際のところ、ビジネスでは暗号通貨はほとんど使用できず、現金よりも金(ゴールド)に近いデジタル資産の投機対象として見られることが大半です。

To be sure, some businesses are making an effort. Overstock.com, an online discount retailer, was one of the first companies to accept Bitcoin at checkout, and they’ve even paid some of their taxes in cryptocurrency. At the same time, Facebook is developing a digital currency for use on its WhatsApp messaging application, something that could prove to be a model for tech companies looking to find practical applications for cryptocurrencies.

ただし、これらの会社は明らかに「異常値」です。ほとんどの企業にとって、現在の形の暗号通貨は現実的な選択肢ではありません。なぜなら価値があまりにも不安定で、規制がどうなるかが不鮮明であり、一般への普及がいつになるのかもまだわかっていないからです。

つまり、暗号通貨がビジネスにとって真の選択肢となるために、変革が行われる必要があります。幸いなことに、これらのことはそれほど遠くないかもしれません。

安定性

企業が支払い手段としてビットコイン、またはその他のデジタル通貨を受け入れることができるようになるには、通貨の価値は安定している必要があります。ビットコインは、不安定な価格変動をしてきました。そして、その価値が1日で2桁も増減することも珍しくありません。

価格が乱高下する通貨を使って何かを購入したい人にとってビットコインピザデーは、暗号通貨での物品購入はリスキーであることのリマインダーになっています。

実際、支払い手段としてビットコインを受け取る店の数は、価格がピークに達して2017年以来、急激に減少しています。ブルームバーグへのコメントで、暗号通貨を提唱*しているGraham Tonkinは、次のように述べています。「ビットコインが通貨としての要素を十分に備えているとは思っていない」

その声に応じて、Tetherのようないわゆる資産担保トークンが、より安定した購入体験を提供するための試みとして登場。Tetherは、そのトークン価値は、Tetherの口座内で1トークン=1米ドルとして裏打ちされている、と主張してきているが、
多数の論争に巻き込まれています

しかし、安定性は重要な目標です。Xankが開発しているステーブルコインは、ビットコインの価格予測不可能性やTetherの不確かさの間に存在するギャップを埋めます。投資手段としての要素を持つ一方で、安定性のある資産にもなる暗号通貨であることから、企業にとって真の選択肢となります。 デジタルエコノミーの活性化に、寄与するはずです。

規制

暗号通貨は、世界中のコミュニティで構成されているユニークなグローバル現象です。これ自体が途方もない資産はあるのですが、規制のあり方を危機的状況にさらしています。

したがって、Brookings Instituteの報告によると、さらなる暗号通貨の規制は「新技術の開発を促進しつつ、違法な支払い手段として暗号資産が使われる頻度を削らす」と結論付けています。

事業者が支払い手段として暗号通貨を利用してもいいかもしれない、と思うようになるには、何かしらの対策が必要です。幸いなことに、SECで行われたスピーチによると会長のJay Clayton氏は、SECが開発・運営している2019年における検査優先順位リストにおいて、暗号通貨の順位が上がったことを認めました。

暗号通貨に対する規制が整うまでに時間がかかるかもしれませんし、そう遠くないうちに整備が完了するかもしれません。その規制が整った時こそ、暗号通貨がビジネスにおいて実用的な選択肢として注目を浴びる時です。

受容

価値の安定性と規制当局の承認は、暗号通貨が使いやすいものになれるかどうかをわける、とても重要な要素です。しかし、唯一絶対的な要素ではありません。数年をかけ、一般人にもその存在が知れ渡るようになったとはいえ、ビットコインやその他の暗号通貨は依然として、既存の金融システムの中では異常値です。

暗号通貨に対応している国のうち大半では、暗号通貨を所有している人は少数の人々に限られ、そのほかの多くの人は、いまだにそれらを商品やサービスを購入するのに使えるものとしてではなく、投機対象と見なしています。

もちろん、トレンドは変化しており、徐々に好意的な評価になりつつあります。暗号通貨のウォレットを持っている人の数から取引される暗号通貨の量といった基準をみると、暗号通貨に関する悪評は高まっています。これらの資産がそう遠くないうちにティッピングポイントに達し、企業や小売業者が支払い手段としてごく当たり前のように使うようになるのは明らかです。

その日が来るまでは、取引を円滑にするためのボーダレス通貨を作成するという暗号通貨のそもそもの意図は、投機的な範囲にとどまっています。しかし、暗号通貨は規制の枠内において、安定性の高いソリューションを提供し、それが一般人からの需要によってサポートされているため、将来的には多くの企業にとって必然的かつ現実的な選択肢となるでしょう。

0

関連する投稿

コメントを残す