Xankリードデベロッパー、ヨン・ロック・チョイを紹介します

1 分読む

今日は、Xankのリードデベロッパーを務めるヨン・ロック・チョイをご紹介します。ヨン・ロックは名前からしてラッパーのように聞こえるかもしれませんが、違います。とはいえ、業務時間外には思いを何かしらの形で表現しているかもしれません。彼は開発者、アーキテクト、前向きな思考の持ち主です。また、ゲーム、オンラインビジネス、そしてなによりもブロックチェーン業界を含む複数の業界にて、合計20年以上の経験を積んだ開発リーダーでもあります。

持ち前のクリエイティブ志向と技術的なスキルセットを最大限に発揮し、Xankブロックチェーンとウォレット開発を、彼が推進してくれると期待しています。開発リードとして、Xank開発チームにてリーダーシップをとってくれることでしょう

ヨン・ロックのこれまで主な業績は、以下の通りです。

  • 2019年、VIAチェーンと呼ばれる新しいプライベートブロックチェーンを開発。VTTPプロトコルを搭載しているこのブロックチェーンは、ヨン・ロックと彼が率いるチームによって開発されました。VIAチェーン上で利用可能な、クロスボーダー支払いできるウォレットも開発しました。
  • 2018年、とあるローカル暗号通貨のためにプライベートブロックチェーンを開発。
  • 2014年、Lotto Worldという名前の、Ethereumベースのくじ引きサービスをローンチ。勝者の選定と支払いをする機能を、スマートコントラクトで実装しました。

なぜXankなのか?

彼がXankに参画する理由を聞かれたとき、彼はこう答えました。「パブリックブロックチェーンのXankは、ブロックチェーン技術が有意義かつ適切なアプリケーションである、と信じています。自分自身の技術で、このブロックチェーンを開発し、Xankチームとともによりよい社会作りに貢献したいと思います」

ヨン・ロック、ようこそXankへ。あなたとともに目標を達成できる日が、今から楽しみです。

0

Marketing director at xank.io.

関連する投稿

コメントを残す