ブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティ改善について

1 分読む

近年、私たちは暗号通貨の驚くべき可能性を目の当たりにしました。ビットコインやイーサリアムのようなデジタルトークンは、あいまいさから生まれ、誰もが知る存在になりました。そして現在、市場は以前よりも強化されつつあり、暗号通貨が将来において通貨的役割を果たすことに疑いの余地はありません。

暗号通貨のユーザー数は急増しています。昨年、5,400万人の新規ユーザーが市場に参入し、2015年以降、ブロックチェーン上に存在するウォレット数は四半期ごとに増加しています。暗号通貨エコシステムは、無数の様々な欲求を満たす通貨とともに急拡大しています。

同時に、暗号通貨とその基盤技術であるブロックチェーンが、企業レベルでますます注目を集めています。ごく最近、かなりの収益を得られる可能性があるデジタル通貨を開発・実装する計画をFacebookが発表しました。

PwCは15の地域から600人の幹部を調査し、84%は彼らの組織がブロックチェーン技術に少なくともある程度関与していると昨年末に発表しました。その一方で実際の統合プロセスは必ずしもシームレスではなく、最大の懸念の1つはスケーラビリティです。

実際、暗号通貨とブロックチェーンの採用に関しては、一般消費者も大企業も同じ問題の多くに直面しています。確立されたエコシステムはその成長に追いつくのに苦労しています。

成長痛

簡単に言えば、暗号通貨のユーザーとブロックチェーンを採用する人々は、その人気とは裏腹に様々な課題を抱えています。ビットコインやイーサのような有名なトークンの利用には、それらの莫大なユーザーベースから生じる高い取引手数料と決済時間が伴います。ビットコイン価格が頂点に達したとき、取引手数料は30ドル近くに達しました。これは標準的な金銭のやりとりに使うことができない、とんでもない手数料です。これは彼らが通貨として現実的な手段になる可能性を下げるだけではなく、一般への普及に向けて大きな課題となっています。

デジタル通貨がすべての人の役に立たないのであれば、それが人々がこれまで持っていたニーズすら満たせなさそうです。さらに、企業のイニシアチブにとって、ブロックチェーンのスケーラビリティは、採用を妨げる最大の障害の1つです。

企業幹部の40%がスケーラビリティをブロックチェーンの採用を妨げる大きな問題として認識しており、デロイトの2018年のブロックチェーンリサーチでは、「組織が利用可能と考えるブロックチェーンソリューションを検討する上で、潜在的な問題のひとつです」と結論づけています。

実際のところ、世界の金融システムの方向転換がなんの問題もなく実現するとは、誰も期待してはいませんでした。幸いなことに、暗号通貨コミュニティは常に活発であるため、解決策がいつまでも見つからない、ということにはならないでしょう。

スケーラビリティの解決にむけて

他のセクターと同様に、暗号通貨市場は、広く認知されているいくつかのトークンによって占められています。しかし、迅速な決済時間と合理的な取引手数料を達成することが広範囲に失敗しているため、アルトコインが独自のソリューションを生み出す機会があります。

さらに重要なことに、これらのアルトコインは、非常に多くの人々や企業が要求している、非常に使いやすい暗号通貨エコシステムを実現するための鍵となるかもしれません。たとえば、アルトコインには以下のようなことが可能です。

  • 既存のプロジェクトが直面した技術的課題から学ぶ
  • 成熟市場を念頭に置いて製品を開発する
  • 多面的な通貨を作成することによって消費者に焦点を当てる

これらの機能を提供できるアルトコインは、デジタル通貨とその技術を広く普及させる上で、大きな存在感を発揮する可能性があります。

残念なことに、暗号通貨投資家の方はすでにご存じかと思いますが、支払い方法としての普及を足止めする不規則な価格変動に、デジタル通貨は耐えてきました。アルトコインは価格変動に対してさらにいっそう脆弱であるため、具体的な解決策として実装するのは困難です。

その結果、ステーブルコインや特定の資産に裏付けされたトークンは、暗号通貨の普及とブロックチェーンのスケーラビリティ問題解決への次のステップと見なされることがよくあります。ある意味でこれは正しいです。デジタル通貨とそれがもたらすブロックチェーンプラットフォームでは、スケーラビリティを実現するためにさらなる安定性が必要です。

物議を醸すテザーのようなトークンは有名になる一方で、消費者からの信頼を失いつつあります。もっとダイナミックで使いやすいものが世の中には必要です。したがって、Xankのようなトークンは、世界初のオンデマンドで利用可能な、価格が安定した暗号通貨取引の手段としての役割を果たすと同時に、投資価値を高めます。

安定性の観点から使用可能で投資価値のある通貨を作成することで、Xankはブロックチェーンプラットフォームのスケーラビリティを向上させるためのソリューションを提供していきます。すべてのブロックチェーンエコシステムは実装を前提としているため、Xankの通貨はより速く、より安全なB2Bトランザクションを促進しながら、実際にデジタル通貨を使用するプロセスをよりシンプルにします。

たとえば、外貨の為替レートをナビゲートしなければならないビジネスは、Xankをよりどころとするでしょう。なぜなら、為替レートが変動しても利益率を一定に保つことができる、使いやすく信頼性の高いデジタル通貨がXankだからです。

ビジネスや業界を問わず、これらの機能がエコシステム全体で当たり前の存在になるまでは、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題解決はまだまだ先の話です。

ボトムライン

消費者レベルでも企業レベルでも、暗号通貨が金融の将来において重要な役割を果たすことは明らかです。この将来が確実にやってくることを踏まえると、ブロックチェーンプラットフォームは今よりももっと使いやすくなるべきです。それはつまり、スケーラビリティ問題に対処する必要性をより一層明らかにしています。

言い換えれば、初期のデジタル通貨エコシステムの開発者は、それらが信じられないほどの人気を博するであろうと予測していなかったかもしれません。そのため、将来のプラットフォームとなりうる技術の欠点に対処する必要があります。

したがって、将来は多面的なユーザビリティと安定性に焦点を合わせる必要があります。これらの特性がブロックチェーンエコシステムに存在する場合、スケーラビリティが次のステップとなるのは当然の帰結です。

0

この投稿を気に入った場合は、拍手👏 をお願いします。

関連する投稿

コメントを残す