暗号通貨トレードと取引所レビュー 2019年第三四半期(Q3)

第三四半期の暗号通貨トレードと取引所をとりまく状況を示している、5つのチャートを見ていきましょう。

2019年第二四半期には強気の気配が見られ、暗号通貨愛好家達が心待ちにしていた希望の光が見えたかのように感じられました。しかし、蓋を開けるとベア局面に突入、第三四半期では第二四半期からのビットコイン含み益の半分が失われました。

今日の7300米ドルの中期的サポートラインから有意義な復帰を見せるまでは、BTCの価格は低い水準のままでした。この記事を執筆している時点では、BTCは66.1%のドミナントを持ち、8600米ドルで取引されています。

世界中の暗号通貨マーケットデータを提供しているCryptoCompareは、2019年第三四半期の取引所レビューをつい先日リリースしました。このレビューでは、2019年第三四半期までの暗号通貨取引に関する洞察が披露されています。すべてのチャートの著作権は、CryptoCompareに帰属します。

月間の暗号通貨取引総取引高:

暗号通貨の取引高は、対法定通貨取引ボリュームが16.0%にとどまるのとは対照的に、対暗号通貨(暗号通貨ペア)の取引高は全取引高の84.4%(4534.5億米ドル)を占めていますが、これは従来通りです。過去の四半期と比較すると、その低下率は顕著に見えるものの、9月には暗号通貨同士の取引高は28.57%、暗号通貨と法定通貨の取引高は17.83%の低下が見られました(Figure 1)。

機関投資家向け製品と取引所:

Bakktのビットコインによる現物先物取引とOptionsの開始がここ数ヶ月で期待されていますが、規制の認可を受けたデリバティブ製品は、CMEによってほぼ独占されています。デリバティブ製品の取引高は、9月に48.2億超m気取るを記録し、8月の59億米ドルから18.3%低下しました。Grayscaleのビットコイン信用商品(トラストプロダクト)は8月時点から37.5%もの下落を記録し、9月は7億1360万米ドルの取引高にとどまりました。そのトレンドは、ビットコイン先物取引と同様です(FIgure 2)。

OKEx(900.34億米ドル)は、Huobi(845.2億米ドル)に次いで大きなデリバティブ取引所でした。すべてのデリビバティブ取引所にて、8月から9月にかけて取引高が減少しています。しかし、BitMexだけは、わずか1.6%ではありますが取引高の上昇が見られました。

対法定通貨でのビットコイン取引高:

ビットコインと法定通貨の取引高において、米ドルの比率は依然として高い状態です。米ドルに続くのは、日本円とユーロです。9月のビットコイン全取引高のうち、47.82%を米ドルが占めました。しかし、この取引高は8月と比較して19%の減少です。8月時点で133万BTCが取引されましたが、9月は107万BTCと、19%の下落を記録しました(Firure 3)。BTCJPYは40%もの大幅な減少を記録しましたが(621,000 BTC)、それと対照的にBTCEURは9月の下落幅が9%にとどまりました(255,000 BTC) 。

対ステーブルコインでのビットコイン取引高:

ステーブルコイン業界において、Tetherの存在感は際立っています。それは、対BTC全取引高のうち70.95%を占めていることからも明らかです。これは、Tetherと他のステーブルコインや法定通貨での取引高よりも多くなっています。Tether以外では、USDCが対BTC取引高の多いステーブルコインであり、これに続いて対米ドル、対日本円、対ユーロが続きました(FIgure 4)。USDTに対するBTC取引高は622万BTCであり、8月から21.29%下落しています。BTCと法定通貨やステーブルコインをペアにした取引高の減少幅は、同じ期間におけるすべての取引ペアの中でも際立っています。

上位クラスの取引所を取り巻く状況:

BitMaxは暗号通貨同士の取引を行う取引所のなかで、通常では見られない動向を見せました。8月に急な取引高の増加を見せたと思った矢先の9月に87.8%もの大幅な減少を記録(280億米ドル)。ZAとBinanceも同様の動向を見せ、ZAは269億米ドルで4.26%の下落、Binanceは261.9億米ドルで7.9%の取引高の低下となりました。

P2PB2Bは128.9億米ドル、COINBITは66.4億ドルの取引高を記録。Bithumbは171.7億ドルと、これらを上回りました。BinanceとP2PB2Bは9月に5.02%と2.92%の下落を記録しましたが、Coinbitは取引高の急な上昇を見せ、その割合は101.38%にのぼりました。

DDEXは309.8万米ドルの取引高を誇る、最大のDEXです。IDEXとBitSquareも大きな取引高を有するDEXであり、それぞれ142.8万米ドル、107.8万米ドルでした。これらの3取引所は9月に取引高の減少と直面しました。しかしながら、これらのDEXは9月に6,117万米ドルの総取引高を記録しましたが、これは地球規模で見るとほんの0.01%に過ぎません。


オリジナル版はMediumでご確認いただけます。

Medium | Twitter | LinkedIn | StockTwits | Telegram

0

Tradealike, Data Driven Investor—Cryptocurrencies | Blockchain | Financial Markets | Technology | FinTech | World

関連する投稿

コメントを残す