Category

Xankの必要性とは?
Information about Xank's network, governance, use cases, and other aspects.
06
Sep

World Blockchain Summit MARVELS Busan 2019にてCEOがプレゼンテーション

Xankコミュニティの皆さん、8月29日にNurimaru APEC House(ヌリマルAPECハウス)で開催されたWorld Blockchain Summit MARVELS Busan 2019にてRyuが行ったプレゼンテーションをアップロードしました。
もっと読む
15
Mar

中央集権的なガバナンスを排除したXankマスターノード

暗号通貨におけるガバナンスモデルは常に議論の的となっています。どのモデルであれば、共謀や集中化の影響を受けずに済むのか?どのモデルであれば、個人またはグループによるネットワークの独占を妨げるのか?
もっと読む
26
Feb

もしオラクルフィードが正常に機能しない場合はどうなるか?

前回の記事では、マスターノードレベルで実装されている、Xankの分散型オラクルのオラクルシステムを紹介しました
もっと読む
22
Feb

XankのOracleシステム

『300(スリーハンドレッド)』という映画をご覧になったことはありますか?ジェラード・バトラーがレオニダス王として主演を務めた、かの壮大な叙事詩映画です。
もっと読む
15
Feb

Xankの極端な価格変動セーフガード(EVS)

2013年4月のある日、ビットコイン価格が263ドルから126ドルへと急落しました。
もっと読む
24
Jan

Xank ブロック報酬の分配について

Xankのブロックチェーンが稼働すると、Xank独自メインネット上でブロックが生成されます。このブロックチェーンには、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)コンセンサスアルゴリズムが適用されます(Xankのコンセンサスメカニズムの詳細については、ここで読むことができます)。
もっと読む
27
Dec

Xank憲章:実力主義が分散的ネットワークにもたらす価値

これまで投稿で私たちはXankの実力主義ガバナンスについてお伝えしました。
もっと読む
05
Dec

Xankガバナンス:Bridgewaterの実力主義に基づいた設計

ビットコインが開発されて以来、暗号通貨におけるガバナンスは、激しい論争を巻き起こしてきました。
もっと読む
09
Nov

Xankのプルーフ・オブ・ステークアルゴリズムについて

Xankの基本理念は、実力主義ガバナンスです。これを暗号通貨関連の用語で表現すると、ネットワークの「最も有能かつ主体的」なノード達によってネットワークの合意が形成される、という意味になります。
もっと読む
15
Oct

Xankリザーブ解説:自律型資金調達による価格安定化メカニズム

従来、何かしらの資産にペグされている通貨の価値を決定する際には、その原資産を準備金として用意する必要がありました。
もっと読む
14
Sep

Xankのユースケース:資金調達の革新と価値ある信条

これまでブログ記事を通じ、暗号通貨Xankの機能と、このエコシステムにおいて稼働するステーブルコイン機能が、どのようにして価格安定性を発揮するのかをお伝えしてきました。
もっと読む
08
Aug

暗号通貨取引所と小売店にとってステーブルコインを導入する利点

ステーブルコイン機能を実装した暗号通貨は、暗号通貨とデジタル通貨エコシステムだけでなく、より広い意味での金融の仕組みにもよい影響を与えるでしょう。
もっと読む
25
Jul

Xankステーブルペイ:オンデマンドでステーブルコイン機能を利用可能に

暗号通貨は、需要と供給の市場相互作用により価格が変動しますが、本質的に不安定です。
もっと読む
13
Jul

Xankが克服を目指す、ステーブルコインに固有の課題

ほとんどの暗号通貨が直面している価格の不安定さを緩和する方法として生まれましたのが、ステーブルコインの概念です。しかし、残念ながら、そこまで広く普及していません。
もっと読む